抜歯か非抜歯か!歯列矯正で抜歯が必要な5つの理由と痛みや費用

tel.048-999-5333

美しい歯並びと正しいかみ合わせ、
そして健康な口内を長く保つことを重要視しています。

歯列矯正で抜歯が必要な
5つの理由

1あごと歯のバランスを整える

歯並びに問題がある場合の原因は、ほとんどがあごのスペース不足です。あごが狭いと歯が並びきらず、斜めになったり、お互いが重なるように生えてしまうのです。抜歯をすることで歯の本数を減らし、狭いスペースに歯がきれいに並ぶようになります。

2歯の根を正しい位置にして、歯の健康を守る

あごを広げて歯をきれいに並べる治療法もありますが、限界を超えてあごを広げることはできません。あごを広げ過ぎると歯の根が本来の位置を失って、歯の神経が死んでしまったり、歯が揺れてきて歯を失う原因になるからです。そのため、あごを無理に広げず、抜歯をすることで残された歯の根が正しい位置に収まるようにする必要があります。

3かみ合わせに重要な第2大臼歯をまっすぐに並べるため

抜歯しないで無理な矯正治療を行うと、1番奥にある第2大臼歯が斜めになってしまうことがよくあります。この第2大臼歯は2番目に大きな歯で、この歯をまっすぐに並べることが正しいかみ合わせの基礎となります。そのため、第2大臼歯が真っすぐ並ぶよう、他の歯を抜歯することで調整する必要があるのです。

4後戻りの防止

抜歯をしないで狭いスペースに無理やり歯を並べると、一時的には整ってもすぐに後戻りしてしまいます。抜歯をしないと根本的な問題解決ができない場合は、矯正治療をする前の状態が自然なので、そちらに戻る強い力が常に働いてしまうのです。そこで、抜歯をしてスペース不足やかみ合わせの乱れといった根本的な問題を解決する必要があります。抜歯をする矯正治療でも後戻りを防ぐための保定装置(ほていそうち)を使います。歯が治療前の位置に戻ろうとする力はそれだけ強いのです。ただし、歯並びだけでなく正しいかみ合わせを整えることができれば、一定の保定期間を過ぎたら後戻りはほとんどありません。

5出っ歯を治す

出っ歯の矯正をするためには、前歯の傾きをまっすぐにするだけでは不十分です。位置を変えずに傾きだけ直した場合、笑った時に歯ぐきが丸見えになるガミースマイルという問題が出てきてしまいます。それを防ぐためには、出ている前歯を内側に入れる分の隙間が必要になるため、抜歯を行って空いたスペースを利用し、前歯を内側に入れる必要があります。

抜歯することで
健康な口内を末永く保つ治療

健康な口内を末永く保つ

高齢になっても多くの歯が残っている場合、介護の必要がなく健康を長く保てるケースが多いことがわかっています。歯の数は健康寿命と密接な関係があるのです。それを考えて矯正治療での抜歯に疑問を感じている方が多いのではと思います。
矯正治療での抜歯は、単に見た目を美しくするためだけに歯を抜くわけではありません。正しいかみ合わせを実現し、より健康を保てる口内を作るために抜歯を行うのです。それはむし歯に冒されて他の歯に重大な悪影響を与える歯を無理に残すのではなく、抜いて治療する考え方と同じです。

人間の歯の数は28本です。むし歯や歯周病などで歯を失うことがありますが、現在の平均値では、40代が1本、50代で4本、60代で7本、70代で12本、80代で16本の歯が抜けているというデータがあります。80代では平均して12本の歯が残っているということです。
一方、80代で残っている歯の本数が多い方は、きれいな歯並びと正しいかみ合わせを持っており、八重歯や出っ歯、受け口などの問題がある人の比率はとても少ないというデータがあります。
つまり歯並びが整っていてかみ合わせが正しいと、残る歯の本数が多くなるということです。

矯正治療で4本抜いたとしても、歯並びやかみ合わせを整えることで残りの歯の健康を保てるなら、平均値より残る歯の数は多くなります。矯正治療では必要がある際に抜歯する方が結果的に健康な口内を末永く守ることができるのです。

抜歯の痛みや費用

抜歯にかかる時間は、10分程度です。抜歯する歯の根が曲がっていたり、骨の深くに潜っている場合には、もう少し時間がかかる場合もあります。腫れや痛みに関しては、むし歯などで抜歯する場合より少なくなっています。
矯正治療のための抜歯は保険診療ではないため、5千円~1万円程度の費用がかかります。これは医療費控除の対象となりますので、領収書を必ず保管しておきましょう。

症例の紹介

無料相談WEB予約 診療カレンダー
tel.048-999-5333
tel.048-999-5333
飯島矯正歯科クリニックオフィシャルサイトブログ