抜歯・非抜歯はどのように判断するの?

tel.048-999-5333

抜歯せずに矯正治療できる場合もありますが、
適用症例はかなり限られています。

抜歯について

矯正治療

歯を抜くことは、とても重大な決断です。しかし、歯を抜かなければならない患者さまを非抜歯で治療してしまうのは、結果的に矯正治療の失敗を意味します。矯正治療には期間も費用もかかります。そうしたごまかしは、医の倫理に著しく反したものなのです。

口腔内にはバクチネーターメカニズムが働いており、舌は常に歯を外に押し出し、それを頬が抑えることでバランスを保っています。非抜歯の治療で歯並びが一回り大きくなるとそのバランスが崩れ、数年で自然に元に戻ってしまいます。抜歯を行うことで歯が並ぶ十分なスペースを確保できれば、キレイで長持ちする矯正治療が実現します。こうした治療をすることが、歯科医師法の第1条である「国民の健康の意義増進に寄与しなければならない」を守ることであり、矯正歯科医師の使命だと考えています。

抜歯・非抜歯の判断

1あごを広げる

あごを広げれば、歯並びのデコボコを多少でしたら修正することも可能です。ただし、あごを無理に広げることは様々なメデリットがあります。また、無理やり行うと、歯並び自体が一回り大きくなってしまうので、歯全体が治療前より前方に出てゴリラのように口元全体が前に出ている見た目になってしまいます。あくまでも多少のデコボコを修正することが可能な治療法ですので、正確な見極めが重要になってきます。

2歯のサイズを縮小するため削る

歯を削ってサイズを小さくすることで、歯並びを整えることも可能です。ただし、健康な歯を削れるのは1本につき0.5mmまでで、これ以上削ってしまうと歯に悪影響を与えます。最大限削れるのは6本ですから、全体でも3mmにしかなりません。ですから、この治療法は、3mmまでのスペースがあれば歯がきれいに並ぶ場合のみ可能です。

症例の紹介

無料相談WEB予約 診療カレンダー
tel.048-999-5333
tel.048-999-5333
飯島矯正歯科クリニックオフィシャルサイトブログ