トップへ » 院長あいさつ » 1本の歯の貴重さを知っているからこそ

1本の歯の貴重さを知っているからこそ

抜歯すべきケースで抜歯しないことのリスク私も患者さん達の気持ちと大して変わりはありません。歯科医師として、1本の歯が如何に貴重であるかは深く専門的に理解しています。ですから、私も何が何でも抜歯して矯正治療をしたいとは思っていません。結果として非抜歯で矯正治療できる患者さんの治療も多く経験しています。

しかしながら、患者さんの希望を優先して抜歯すべきケースで抜歯せずに治療したケースでは、治療後に訪れる様々なリスクは計り知れません。
主なリスクとしては、

・歯並びだけが綺麗になり、咬み合わせは悪いまま。もしくは、もっと悪くなる。
・歯並びは綺麗になったが口元が前に出っ張ってしまう。
・綺麗に並んだはずの歯列が徐々に元に戻ってしまう。(後戻り、と言われています。)
・歯周病の原因になる。(歯列全体としての寿命は短くなります。)

こうした悲しい事例も沢山ありますから、深く考えて医院を選ばなければなりませんね。

とはいえ、最近ではタレントさんや女優さんでも、抜歯での矯正治療をされているケースが比較的増えてきたように見受けられるので、抜歯での矯正にも理解が深まってきている様に感じられてきました。


トップへ » 院長あいさつ » 1本の歯の貴重さを知っているからこそ


コールバック予約
矯正の料金