トップへ » 安心できる矯正医の選び方 » 院長の技術力 » 10年・20年後も美しい歯並びをキープするために

10年・20年後も美しい歯並びをキープするために

10年・20年後も美しい歯並びをキープするために「矯正治療では抜歯が必要だと聞いたのですが......」こんな質問を患者さんからよくいただきます。確かに、矯正治療では治療上必要があれば歯を抜くことがあります。もちろん、できる限り歯を抜かないで治療したいという思いは、患者さんだけに限ったものではなく、矯正医も同じです。しかし、矯正治療の必要な方の多くは、歯並びが悪いだけでなく噛み合わせも悪かったり、口が閉じにくかったりと複合的な問題を抱えているケースが多いのです。

例えば、あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪い場合、そのバランスの不調和が軽度であれば、歯をわずかに削って小さくしたり、歯を後方に動かすことで隙間を作ることが可能となりますから、歯は抜かずにすみます。しかし、同時に噛み合わせにも問題がある場合は、歯を並べるだけでなく噛み合わせもシッカリ治しておかないと、後戻りの度合いが大きくなってしまいます。こういった場合は、永久歯を抜歯する可能性が高くなります。

非抜歯矯正を謳っている矯正歯科医院で良く聞くフレーズに「ヒトの歯にはそもそも無駄な歯などないのです。それぞれが意味を持ってはえています。したがって矯正治療で歯を抜くのは間違いです」というものがあります。しかし、こう発言する矯正医も結局は親知らずを抜歯しています。親知らずだけは特別に意味を持たないということなのでしょうか。

歯を抜かないで歯を並べることは、実は技術的に非常に簡単です。ところが、歯並びだけがきれいになって、奥歯は噛んでいない、口もとはゴリラのようになって口唇が閉じられない、そして数年後にもとの歯並びに戻ってしまった、といったことでは矯正治療を受けた意味はありません。

矯正治療とは、歯をきれいに並べるだけでなく、奥歯できちんと噛めるように噛み合わせを改善し、口を閉じやすくする事で口腔内の乾燥を防ぎ、口腔および全身の健康を維持・推進するためのものなのです。

※院長が矯正歯科治療を行った患者さんの抜歯・非抜歯をまとめたデータ
抜歯した本数 / 患者さんの割合
院長が矯正歯科治療を行った患者さんの抜歯・非抜歯をまとめたデータ
(治療開始から治療終了まで全て院長自ら施行した症例のうちから、ランダムに150症例を抽出して計測した。親知らずの抜歯は"抜歯した本数"に含んでいない。ちなみに新潟大学付属病院矯正歯科診療室のデータによると、非抜歯で治療できた症例は約7%である。)


トップへ » 安心できる矯正医の選び方 » 院長の技術力 » 10年・20年後も美しい歯並びをキープするために


コールバック予約
矯正の料金