トップへ » 安心できる矯正医の選び方 » 痛みの少ない治療 » 「治療中の痛みが不安」という方へ

「治療中の痛みが不安」という方へ

「治療中の痛みが不安」という方へ

矯正治療は装置の圧力で、歯を移動させる治療方法ですから、患者さんによっては歯が浮いたような痛み・不快感が出るケースがあります。確かに痛みがまったくないとはいえませんが、想像されているより痛くありません。ブラケットにワイヤーを装着すると、歯のでこぼこを治そうと歯に持続的に力がかかります。

歯が動く時には、骨の中の歯根周囲で炎症反応が生じ、それが痛みの原因となっています。そのとき、虫歯の痛みと違った歯が浮くような感じがする場合や、物を噛むときに鈍い痛みを覚えることがあります。この痛みは数日続くことがありますが、1週間くらいで消失します。当院では治療初期には極めて弱い力で歯を動かしますので、炎症の度合いが少なく、あまり痛みを感じることはないでしょう。

ただし、痛みの感じ方は個人差があり、治療のステージよっては人によって多少の痛みを伴うことがございますので、この点はご了承ください。痛みが強い場合は鎮痛剤を処方しております。また、当院院長は神経解剖学で博士号を授与されていますので、痛みや違和感についての質問も気軽にしていただければと思います。


トップへ » 安心できる矯正医の選び方 » 痛みの少ない治療 » 「治療中の痛みが不安」という方へ


コールバック予約
矯正の料金