«  2013年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年3月 7日


こんにちは!!
さて、前回は前置きの説明で終わってしまったので、
(前回のブログはこちら⇒「表側からでも見えにくい矯正装置」

今回はついに本題に入ります!!


「表側と裏側の矯正装置の違和感の違い」

ということで、見た目に関しては前回書いたので、
今回は口の中の感覚(あくまで個人的なものです)を書いていこうと思います。
(一般的に言われる違いはこちら⇒「裏側矯正の特徴」


表側か裏側か迷ってる、そこのあなた!!
たぶん、きっと、もしかしたら、何かしら役に立つのでは・・・(笑)


●表側と裏側の矯正装置による違い


▼痛い場所

表側矯正:唇の内側が痛い × 裏側矯正:舌が痛い

これは考えて頂ければ分かると思いますが、装置の当たる部分が痛いです。
常に痛いという訳ではないですが、良く切れたり、口内炎みたいになってます。

舌は自分の意思である程度動かせて回避できるんですが、
唇の内側は歯が勝手に当たって痛かったので、
個人的には、「裏側矯正」の方が良かったなと思いました。


▼食事時の違和感

表側矯正:食後が大変 × 裏側矯正:食事中が大変

食事時にも、表側と裏側で結構大きな差がありました。
食べている時は、舌が勝手に動くので、裏側の装置に当たって「アイタッ!」となることもしばしば。
表側はほとんど違和感なく食べれました。

しかーし!!表側は食後が大変(;_;)
歯と装置の間って結構な勢いで物が挟まるんですよ・・・

裏側矯正の方は舌を使って「ホイホイっ」って簡単に取れるんですけど、
表側は舌が届かない。。まず、その前に「挟まっていることに気づきにくい!!」
歯と装置の間に物があってもなかなか気付きません(>_<)
で、気付いても取るのに一苦労で、食後は必ず歯磨きしなければ!という感じです。


▼その他

・表側矯正:見えてないか(変じゃないか)気になる!

矯正の装置を着けると、目立たないとは言っても、
「見えないかな?」とか「変じゃないかな?」と気にはなります。
(※これは最初だけですが)

それを意識して、歯が見えないように笑ったり、口を隠して笑っていることも。
あと抜歯の部分が見えないように、なるべく正面から向きあうとかもあります。

これは最近はあまりないですが、最初はたぶん気になると思うので、
この点で言うと裏側の方がオススメですよ!

・裏側矯正:外れてないか気になる!

裏側の場合、常に舌で装置を触っている形になります。
なので、ちょっとゆるくなったり、ワイヤーが端から出てきたりすると、
「これって外れてる!?」と気になります。

普通にしてればなかなか外れることはないようですが、やはり気になる!
一旦、気になるとなかなか止まらないですね^^;

その点、表側矯正はがっしりついてる感じで、気にならなかったです。


●まとめ

という感じで、どちらも良い点、悪い点がありますが、個人的には裏側矯正の方が良かったかなと思います。
でも、先輩は「裏側は痛すぎて本気で変えてもらおうか迷った」と言ってました。

これは本当に個人差がある部分なので、先生と良く相談して、その上で決めた方が良いですね!
無料のカウンセリングをやってる医院さんも多いみたいなので、
一度話を聞いてみると良いと思います。

実際、私も迷ってましたが、無料カウンセリングを受けて決めたので。

以上、また矯正の進みも報告してきます!

ではでは。。

2013年2月26日


1ヶ月ぶりくらいですね。
え~、、、既に下側も付けて参りました!!


前々からのブログを見ていただいた方はご存知と思いますが、
下側は表側の装置を付けてもらいました。

おさらいすると、こんな感じです
↓(いわゆる「ハーフリンガル」ってやつです)

・上の歯: 裏側(見えない)の矯正装置
・下の歯: 表側の矯正装置


「下側だけ見えちゃうとか、おかしいじゃん!?」とお思いかもしれませんが、
正直、あんまり目立ちません(キッパリ)


というのも・・・

1、下側の歯は普段からあまり見えない部分
装置を付けてから思ったんですが、ちょっと微笑むくらいでは、下の歯って見えないんですよ。
なので「両方裏側にすれば、まずバレないけど、お値段が・・・(裏側の装置の方が高いんです)」という方は
上は裏側から、下は表側から、というのも最近は多いようです。

2、次に、ブラケットが白いです
ブラケットというのは、矯正の時に歯につける金具です。
「銀色で目立つやつ」という印象だったんですが、白い金具があるとのことで、
それにしてもらいました。


3、最後に、ワイヤーも白いです
ワイヤーというのは、その名の通り「歯を動かす為のワイヤー」です(説明下手ですみませんm(__)m)
矯正の時に、歯と歯を繋いでるやつですね。これも白いやつにしてもらいました。

説明が分かりにくい方はこちらをご覧ください↓(見えにくい装置の説明)
http://www.iijima-kyousei.net/05orthodontist/0515braces/braces02.html


こういう訳で、表側からでもほとんど見えないですね!!


「見た目を気にして矯正に踏み込めない。でも、裏側からはちょっと高い・・・」という方には
ハーフリンガルもオススメですよ^^


本当は「表側」と「裏側」の違和感の違いについて書こうと思ってたんですが、
前置きが長くなっちゃったので、また次回書きますm(__)m


ではでは・・・

2013年1月14日


こんにちは!
ついに、ついに、、、、
装置つけてきましたーーーーー!!!


まだ上の歯だけですが、裏側の矯正装置をつけてもらいました。
やっぱり、社会人になってからの矯正って、やってる時の見た目も気になります。
男の子といえども...(笑)
なので、見えやすい上の歯は裏側の見えない装置にしてもらいました。

「見えにくい矯正・裏側矯正」についてはここを見てください↓
http://www.iijima-kyousei.net/0515braces/


で、、、実はもう装置つけて1ヶ月くらい経ってます^^(装置をつけたのは2012年12月)
ということで、今の感想やら心配していたことについて色々と述べていこうと思います。


1、矯正の痛みについて

これは個人差があるとのことですが、
自分の場合はほとんど痛くないです!
ちょっと装置の凸凹が気になりますが、舌も切れることなく大丈夫でした。

「矯正って痛いのかな?痛かったらどうしよ」と不安でしたが、ちょっと安心ε-(´∀`*)ホッ
歯を押すと、ちょっと痛いですが、生活上は全く支障ないです。

また痛みがある人には痛み止めや、装置の凸凹が気にならなくなるやつもあるらしいです。
(凸凹の方は試しましたが、効果絶大です!!)


2、矯正中の食事について

正直、食事は大変です!
まず、固い物は食べられません。
装置が外れたり、切れたりすることがあるらしいです。

次に、大きいものが食べにくいです。
噛みちぎれなかったり、口の中いっぱいだと装置が邪魔で食べにくいです。
なので、ハンバーガーや肉も小さくちぎってから食べてます。

ちなみに・・・
カレーは食べられます!
ただ、表側からの矯正で、使う素材によっては変色してしまうこともある為、
これは先生に確認した方が良いらしいです。


3、矯正中の話し方

最初の2日間は「お疲れしゃまでしゅ」って感じでした(笑)
ただの滑舌の悪い人みたいになります^^;
特に「さ行、た行」が発音しにくいです。

これは、結構辛かった。
でも、3日目くらいからだいぶ普通に話せるようになりました。

1ヶ月経った今では、全く問題なく話せます。
なので、装置つけてから、3日間は大事な用事や商談などは入れない方が良いかもですね。


4、矯正中の歯磨き

装置をつけた後、「歯磨き指導」があります。
これは先生の奥様が担当してくれました!!
(実は、奥様も歯科医師なんです。歯に関する矯正以外のことも聞けちゃいます。)

普段の歯磨きを見直す良い機会になります^^

で、実際は・・・やっぱり磨きにくい!
いつもの倍くらいの時間をかけて磨いてます。
でも、やはり装置の周りは汚れが残りやすいらしいです。

きちんと磨けているかは定かではないですが、
「歯並びキレイにしている間に虫歯になっちゃった」じゃ、
本末転倒なので、いつもより頑張ってやってます!!

ちなみに、奥様(歯医者さん)のオススメは「ソニックケア」とのこと。
強すぎず、弱すぎず、マッサージ効果もあるので、痛みの緩和もしてくれるのだとか。。。


5、その他の日常生活

その他は今のところは全く問題はありません。
裏側の矯正なので、見た目は全く気付かれないです!
友人に言っても「ほんとに!?分からんかった」と言われます。

あと、スポーツも普通にできます。
慣れるまでは少し違和感がありますが、慣れたら問題ないです。
装置つけて2週間後にフルマラソンとかも走ってきちゃいました(笑)


今のところ、こんな感じで大きな問題はなく進めてます!!
先生は「なんかあったら、なるべく早く来てね~」と言ってくれます。

困ったことや気になることがあったら、すぐに聞けるような先生だと安心ですね^^
矯正したい!と思っている方はそういった基準で探してみるのも良いかも。


結構長くなっちゃいましたね^^;
次は下の歯に表側装置を付けます!!

ではでは。。。

2012年11月12日


さてさて、前回の続きな感じですが、
装置つける前に書いちゃいます!!!


【今回のテーマ】

「歯を抜いた後ってどうするの!?」  


●結論:特になにもしません(基本的に)
先生のブログ↓にもばっちり書いてありました。
http://www.iijima-kyousei.net/diaryblog/2011/12/post_75.html


確かに歯を並べて(動かして)、抜いたスペースを埋めるのに、
そこに何か入っていたら邪魔な気がしますよね。


でもでも!
「じゃあ、しばらく歯抜け状態じゃん!?(゚д゚)」ってなりますよね。

実際、自分も
「歯抜け状態か・・・じゃあ、仕事があるし、遊びもあるし。。うわ、いつにしよ~。」

とか考えてたらなかなか都合つかなくて遅くなっちゃいました。
先生ごめんなさいm(__)m


で、実際に抜いてみて・・・・・・

全然バレない!!
というか、むしろ自分から見せてる(笑)

普通に生活してても誰にもつっこまれないし、、
何にも言われなくてちょっと寂しいので自分から見せてくことにしました(^^ゞ

笑っても気付かれないらしい。
確かに鏡で見ても、よ~く見ないと気付かないです。


迷ってる人!!!
そんなに悩まなくても大丈夫ですよ~^^


本当は写真つけたいんですが、、装置つけてくるんで、
それから写真つけます!

ではでは。。。

2012年10月31日

こんにちは。
ついに、歯を抜いてきました!!

上の歯を2本。
とてもキレイに抜けたらしく
「この歯、美脚ですね!(笑)」
って抜いてくれた先生にも言われてしまいました^^;

ちなみに、抜歯は別の歯科医院でします。
だいたいどこの医院でもやってくれるので、行きつけの歯科医院があれば、
そこでやってもらうのが良いのでは^^


ということで、今回は抜歯の状況について書きます!


●まず、歯を抜くまでの流れ

1、歯科医院を予約する
 ※抜歯は基本的に保険が適応されないので、いくらかかるか聞いた方が良いです

2、紹介状を持って予約の時間に行く
  紹介状は飯島先生に書いてもらいます(というか、書いてくれました)。

3、ユニットに座る⇒抜く!!
  初診の場合はレントゲンを撮ることが多いです。


という感じで意外と簡単でした(^^ゞ


で、たぶん気になるのが
「抜歯って痛そう!!」ってところですよね。

実際は全然痛くないです。
むしろ「え?もう抜けたの?」という感じで終わります(笑)

※もちろん、きちんと麻酔をしてくれているからですが。


終わった後は少し血が出ますが、1時間くらいですぐ止まります。
抜いた部分は大きな空間ができたような感じです。
ご飯も普通に食べられます^^

実は、抜く前は結構ビビってたんですが、ちょっと損した気分になります。


つまり!!!
やると決めたら、抜歯はサクッと終わらせちゃった方が良いです。

なんか当たり前なこと言ってますね^^;

で、もう1つ気になるのが、
「歯を抜いた所はどうするの!?」という所ですよね。


、、、それについてはまた次回^^
ではでは。。

2012年10月 2日


だいぶ時間が経ってしまいました。。。

ちょっとバタバタしておりまして・・・(すみません、言い訳です^^;)
実は、まだ装置ついてません!!(汗)


装置の前に「抜歯」というハードルがあるのです(私の場合ですが)
今回は結構気になる「抜歯について」、聞いたこと、感じたことを書こうと思います。


まず、矯正の先生には大きく分けると2パターンの先生がいます!
1、「絶対抜かない矯正」派の先生
2、「患者様の為には抜歯もやむを得ない場合もある」派の先生

最近の傾向として、非抜歯矯正を謳っている先生が多いように感じます。

同じ治療をするのに、なぜこのような違いが出てくるのでしょうか。
実際、2つの医院にカウンセリングに行ったら、一方は抜歯が必要、他方は非抜歯矯正で、
と言われることもあるらしいです。


それを聞いたら、抜かない方がいいじゃん!?って思いますよね。


でも、どちらにもメリット・デメリットがあるらしいです!
ちょっと下にまとめてみます。

--------------------------------------------------------------------

▼抜歯した矯正の場合のメリット・デメリット
○メリット
・動かせる範囲が広く、かみ合わせについてもきちんと合わせられる
・歯並びの位置が変わらない為、後戻りしにくい
⇒長期的に安定したかみ合わせができる場合が多い

×デメリット
・抜歯をすること
・先生のかみ合わせについての知識や矯正の腕により完成度が左右されやすい
・治療期間が比較的長くなる(動かす距離が大きくなる為)


▼非抜歯矯正のメリット・デメリット
○メリット
歯が残せる
動かす距離が短くなるので、治療期間が短い

×デメリット
・無理に並べると後戻りしやすい
・スペースがなく、歯が前に出てくることもある

--------------------------------------------------------------------

私が矯正をしてもらう飯島先生は
「患者様の為には抜歯が避けられない場合もある」という考えの先生です。
【飯島先生はこんな先生です】

私もやるのであれば、抜歯をしてでも、
かみ合わせにこだわった質の高い治療を受けたいなと思っていましたので、
飯島先生の考えに共感して、お願いすることにしました。


あ!勘違いしないで頂きたいのですが、「歯を抜きたい!という先生はいない」です。
どの先生も1本の歯の大切さを知っているし、かみ合わせの大事さも知っています。

その中で、患者様のことを考え、ベストは何なのかを追求した時に、
先生ごとで考えの違いが出てくるのかな、と思います。


今回は私見もだいぶ入っている気もしますが、
ご自身の考えに合った先生・医院選びの参考になれば良いなと思います。

以上、ではまた抜歯をしたら報告しますねー!

ちなみに、私の場合は上を2本抜歯、下は非抜歯でやってもらえることになってます^^

2012年8月16日


~~前回の続き~~

少し間があいてしまいましたが、前回の流れで精密検査も受けました。
その流れもご紹介しますね。
ちなみに、これは矯正歯科飯島クリニックさんの場合です。

1、レントゲン撮影

歯医者さんに行くと撮影する、「前からのレントゲン」と
僕は初めての「横からのレントゲン」を撮ります。
合計5、6枚撮りました!

雑談みたいな感じで、先生に「もっと早く来たら良かったのに~」と言われちゃいました。
(そんなこと言われても。。。)

なんでも、きちんと矯正を始める時期は小6~中1くらいがベストらしい!
その時期に、顎の大きさがだいたい決まるのだとか。。

だから、幼稚園児とかが来ても時期じゃなければ
「まだ時期じゃない!」と何もせずに返しちゃうらしい。
僕は信頼できるなぁと思ったが、「何もしてくれない医院」と言われてしまうこともあるんだと、
ちょっとぼやいてました(^ ^;)

2、写真撮影

カウンセリングの時よりもしっかりした写真を撮ります。
奥さんの補助が入り、色んな角度から撮影します。
これを使って、動かし方や見た目を決めるので真剣でした。

3、型取り

人生初の型取りでした!
やる前に、「鼻で呼吸すると良い」とアドバイスを頂き、
その通りにしてみると、意外とさくっと終わりました^^


精密検査はこんな感じで終了!
型はすぐにはできないので、この後、写真とレントゲンを元に、
少しお話しました。

ちゃんとした検査結果は後日、型もできてからなのだが、
僕は「上は出っ歯で、下はでこぼこ」らしい。(というか、写真を見れば明らかだが)
写真とレントゲンから、前後だけでなく左右にもずれている可能性が、、、

詳しい期間や、抜歯に関しては型もできて、きちんとレントゲンの結果を見てから
ということなので、この日は次回の予約を取って、帰宅することに。

今回は検査で31,500円、次回は診断で21,000円。
合計の52,500円は次回にお支払いでOK。

ということで、診断結果はまた次回にします!

2012年7月23日


こんにちは。倉田です。
人生初のカウンセリング行って来ましたーー!

矯正したい!ってなった時の、まず最初の壁が「カウンセリング」ですよね。

でも、正直「カウンセリングって何やるの?」とか、「その場で契約しなきゃいけないの?」
って不安もあると思います。

ですので、今回はカウンセリングの流れ(初来院時の流れ)をざっと書いてみます。
参考にしてみてください^^
※これはあくまで「矯正歯科飯島クリニックさん」の流れです。

--------------------------------------------------------------------------------
・初来院
全面がガラス張りで中が見える為、結構入りやすかったです。
受付してくれたのは美人のお姉さん↑↑笑 院長先生の奥様らしいです。
(奥様も歯科医師らしいですが、今はアシスタントやブラッシング指導が
メインらしいです)

・問診票の記入。
気になるところ(僕の場合は出っ歯です)とか、どうしたいかをチェックします。
⇒これを基にカウンセリングがあります。

・先生の登場
「こんにちは~」と気さくな感じで見た目ちょっとゆるい感じの先生でした。
なんか話しやすそうでちょっと安心(^^ゞ

問診票と僕の歯を見ながら簡単な歯並びチェックです。
ここで先生の矯正論や歯並びについて話してくれました。
僕は知らなかったんですが、歯は舌が外に押す力と、
頬や口の周りが内に押す力の均衡がとれた位置に並んでいるらしい。

だから、抜歯をしないで顎を広げて矯正すると、頬からの力がかかりすぎて、
内側に倒れてきてしまうとか!怖いですね。。
この時は「なるほど~」って、ずっとうなってました。


・診察台での写真撮影
次に「んじゃ、こっちで見るべ!」ってことで、診察台に。
口の中のチェックをし、ここで簡単な写真撮影をしました。


・写真を見ながら再度、カウンセリング
現像した写真を見ながらカウンセリング。
さっきより、専門的なカウンセリングです。僕の場合は上は出っ歯で、下はガタガタ。
これを治す為の手順を説明を受けました。
どうやら上下ともに、スペースが足りないらしい。
これは抜歯が必要なケースだが、どこを抜くかでとても悩んでました。
やるか決めてないのに、こんなに真剣に考えてくれると嬉しいですね(*^^*)


・ここでちょっと先生の矯正方法のお話
先生の矯正の方法は「スタンダード・エッジワイズ法」という
1人1人に合わせたオーダーメイドの方法らしい。
(しかも、それを他より断然安い価格でやっているらしい)
「オーダーメイド」という言葉に弱い僕にはぴったりです!
詳しくはこちらを↓
http://www.iijima-kyousei.net/05orthodontist/0505skill/skill03.html


・最後に矯正の種類と価格の説明
最後に「表×表」、「裏×表」、「裏×裏」の3種類の方法の説明を受けます。
それぞれに対して、メリット・デメリット、費用の説明。
・表:期間が早い、完成度がより高い、
なるべく目立たない装置は使うがそれでも矯正していることは分かる
・裏:装置が全く見えない、期間が長くなる、表に比べ費用が高くなる
と、こんな感じらしい。


カウンセリングだけの人はここで終わり!
「あとは、精密な検査をしてみないとわかんないし、
(矯正)やるんやったら検査するけど、どうする~?」
とここでもゆるい感じで聞かれました^^;

普段もこんな感じで、強引に押したりはしないらしい。
一旦、うちに帰ってから考えてまた来る人も多いとか。

ここまででだいたい60分くらいでした。
そして無料です!
--------------------------------------------------------------------------------

僕は話の中で「ここでやる!」って決めていたので、
この後精密検査を受けることに。

決め手はこんな感じです。
・オーダーメイドの矯正!
やっぱり、せっかくやるなら質の高い治療を受けたいですよね。
だったら、プロに任せるのが1番!ということで結構決め手になりました。

・先生の人柄
最後はやはり人柄。長い期間の付き合いになるので、
安心して任せられる先生にお願いしたいと思っていました。
普段はちょっとゆるいけど、矯正に対する想いは熱く、
質の高い治療へのこだわりを随所に感じたので、先生なら信頼できると
感じたのも決め手ですかね。

ということで、次回はこの続きで「検査について」を書きます!


ではでは(^^ゞ

2012年7月20日

24歳 社会人


ついに、ついに、、、、
矯正することにしました!!

今日は「矯正前夜」です。(正確には「カウンセリング前夜」ですが^^;)

以前から興味はあったものの、中々踏み出せずでした。
しかし、社会人になり今後の仕事のことも考え、矯正するべきと感じ、
一歩踏み出してみました。

先輩方からは
「ハムスターみたい!」やら「口を隠せばイケメン」やら何やらと
言われてますが、もう言わせません!

色々と不安もありますが、(矯正時の痛みとか、期間の長さとか)
絶対生まれ変わってやるぜ!ってことで、
これから矯正治療中に感じたこと等、書いていきます。

2012年7月19日

都内のWebコンサル会社に務める24歳男子。
新規営業部隊として、日々奮闘中。
「矯正をしたらもっとかっこ良くなるんじゃない?」と
会社の上司、お姉さん方に言われ、矯正治療を始めることに...。
24歳男子が、本音の矯正日誌を書き綴ります!

矯正を始めた日 2012/7/21

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
倉田(24歳)

倉田(24歳)

都内のWebコンサル会社に務める24歳男子。
新規営業部隊として、日々奮闘中。
「矯正をしたらもっとかっこ良くなるんじゃない?」と
会社の上司、お姉さん方に言われ、矯正治療を始めることに…。
24歳男子が、本音の矯正日誌を書き綴ります!


▼矯正治療をしてくださる医院様はこちら▼
矯正歯科飯島クリニック様(八潮)
URL:http://www.iijima-kyousei.net/

矯正を始めた日 2012/7/21