トップへ » 矯正装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?

矯正装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?

出来ますが注意が必要な場合があります。

まず、トランペットのように唇にマウスピースを押しつけるタイプの楽器は、表側に矯正装置がついていると痛いことがあります。フルートなど唇の形が音色に影響を及ぼす楽器では、人によって若干音色が変わる事もあるようです。

スポーツでは格闘技やラグビーのように選手同士の接触が多い場合は、矯正装置によって唇の裏側が切れるなどの心配があります。ただし、こういったスポーツの最中に、矯正装置によって口唇内側にけがをしてしまった患者さんは現時点で当院では存在しません。

もしも、けがをしてしまった、もしくはどうしても心配だという患者さんは、装置をガードする歯科用マウスピースを使って対応することができますので、治療前にご相談ください。

初診予約へ


トップへ » 矯正装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?


コールバック予約
矯正の料金