2009年4月17日 « トップへ » 2010年5月28日

2010年4月 9日

治療中の痛みはどの程度ですか?

痛みがまったくないとはいえませんが、想像されているより痛くありません。ブラケットにワイヤーを装着すると、歯のでこぼこを治そうと持続的に歯に力がかかります。

歯が動く時には、骨の中の歯根周囲で炎症反応が生じ、それが痛みの原因となっています。そのとき、虫歯の痛みと違った歯が浮くような感じがする場合や、物をかむときに鈍い痛みを覚えることがあります。

この痛みは数日続くことがありますが、1週間くらいで消失します。当院では治療初期には極めて弱い力で歯を動かしますので、炎症の度合いが少なく、あまり痛みを感じることはないでしょう。

痛みの感じ方は個人差がありますが、実際に当院に通院中の方の中には、ほとんど痛くないですと言われる患者さんもいらっしゃいます。

初診予約へ

治療期間と通院間隔はどれくらいですか?

治療の難易度、歯の動き方の個人差にもよりますが、通常の治療方法で平均1半年〜2年半くらいが一般的な治療期間です。通院ペース1ヵ月に1回が平均的です。

初診予約へ

矯正治療では抜歯が必要だと聞いたのですが......

治療上必要があれば歯を抜くことがあります。

できる限り歯を抜かないで治療したいという思いは、患者さんだけに限ったものではなく、矯正医も同じです。

しかし、矯正治療の必要な方の多くは、歯並びが悪いだけでなく噛み合わせも悪かったり、口が閉じにくかったりと複合的に問題を有していることが多いのです。

例えば、あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪い場合、そのバランスの不調和が軽度であれば、歯をわずかに削って小さくしたり、歯を後方に動かすことで隙間を作ることが可能であり、歯は抜かずにすみます。

しかし、同時に噛み合わせにも問題がある場合は、歯を並べるだけでなく噛み合わせもしっかり治しておかないと後戻りの度合いが大きくなってしまいます。こういった場合は、二つの問題を改善する必要がありますので、永久歯を抜歯する可能性が高くなります。

非抜歯矯正を謳っている矯正歯科医院で良く聞くフレーズに「ヒトの歯にはそもそも無駄な歯などないのです。それぞれが意味を持ってはえています。したがって矯正治療で歯を抜くのは間違いです」というものがあります。しかし、こう発言する矯正医も結局は親知らずを抜歯しています。親知らずは特別に意味を持たないということなのでしょうか。

歯を抜かないで歯を並べることは、実は技術的に非常に簡単です。ところが、歯並びだけがきれいになって、奥歯は噛んでいない、口もとはゴリラのようになって口唇が閉じられない、そして数年後にもとの歯並びに戻ってしまった、といったことでは矯正治療を受けた意味はありません。

矯正治療とは、歯をきれいに並べるだけでなく、奥歯できちんと噛めるように噛み合わせを改善し、口を閉じやすくする事で口腔内の乾燥を防ぎ、口腔および全身の健康を維持・推進するためのものなのです。

初診予約へ

矯正歯科の治療費も医療費控除の対象になりますか?

子ども:認められます。

成人:日本矯正歯科学会認定医の診断書があれば認められます。

発育段階にある子どもの歯列矯正は、成長を阻害する可能性がある不正咬合を治すことが治療の目的ですから、基本的に医療費控除の対象となります。

矯正治療の目的が、身体的に歯列矯正が必要であった場合は、成人でも医療費控除の対象になります。同じ歯列矯正でも、見た目を美しくすることが目的の治療費は、医療費控除の対象になりません。

しかし、原則的に予防と美容に関するものは認められないとされていますが、歯列矯正する大抵の人は歯並びが悪いため、咀しゃく障害や、噛み合わせの改善を必要としています。
実際に、審美的改善が主か、咀しゃく障害の改善などが主かといった判断は矯正歯科の担当医が行いますので、日本矯正歯科学会認定医の診断書があればほぼ100%認められるということです。

医療費控除を受けるための条件は?
医療費控除は、1月1日〜12月31日の1年間に支払った医療費が10万円を越えた場合の超過分に対して適用されます。ただし、年間所得が200万円未満の場合、所得×5%を基準として超過分に対して適用されます。

歯の治療費を歯科ローン(クレジット)で支払うと得になる。
当院では金利・手数料ゼロ(36回払いまで)の歯科ローンをご利用いただけます。

院内分割より得になり医療費控除のメリットが大きくなります。歯科ローンは、患者さんが支払うべき治療費を信販会社が立替払をして、その立替分を患者が分割で信販会社に返済していくものです。したがって、信販会社が立替払をした金額は、その患者さんのその立替払をした年の医療費控除の対象になります。

つまり一括で治療費を支払った時と同じ医療費控除の金額になるので、院内分割に比べて節税効果が大きくなります。

なお、歯科ローンを利用した場合には、患者の手もとに歯科医の領収書がないことが考えられますが、この場合には、医療費控除を受けるときの添付書類として、歯科ローンの契約書の写しを用意してください。ただし、金利及び手数料相当分(36回を超える場合)は医療費控除の対象になりませんからご注意ください。

初診予約へ

矯正治療を始める最適な時期はありますか?

成長期の子どもの矯正治療では矯正治療開始の最適な時期があります。子どもの矯正治療は早ければ早いほど良いというわけではありません。明確な目標を設定して、最も効果的な時期に最も効果的な装置を用いて治療する事が重要となります。

ただし、この治療開始時期は一般の患者さんはおろか一般の歯科医師にもよく分からないものなのです。

したがって、異常と思われる箇所を見つけたら、まずは早めに矯正医に受診する事をお勧めします。

また、中にはお子さんの咬合異常に気付いておられない親ごさんもいらっしゃいます。患者さんは、噛み合わせや歯並びに関しては素人なわけですからこれも当然といえます。こういった方は、6才臼歯と上下の前歯2本がはえ替わったタイミングで受診されるといいと思います。

大人の矯正では、治療が成長・発育の影響を受けませんので、ご自分が気になった時点で受診されればと思います。

初診予約へ

金属アレルギーがあっても矯正治療は可能ですか?

可能です。

歯に貼付けるブラケットにはセラミック、プラスティック、などの非金属素材があります。また、ブラケットに通すワイヤーも金属アレルギーの少ない純チタンのものも用意しています。

ただし、チタン製のワイヤーは形状記憶合金であるため、当院で導入している究極の矯正法『スタンダード・エッジワイズ法』は適用できません。よって、多少の治療期間の延長が生じる事があります。

初診予約へ

上の前歯の並びだけが気になるのですが、部分的な矯正はできますか?

はい。当院では部分矯正も行っています。

とはいえ、部分矯正と言っても、問題がある歯のみに装置をつけて歯を動かすことはできません。全体の噛み合わせ考えて、装置をつける箇所を判断する必要があるからです。どの程度装置をつける必要があるのか、治療期間にも個人差があることをご了承ください。

初診予約へ

矯正治療は何歳まで受けられますか?

矯正に年齢制限はありません。

歯槽膿漏のように歯がグラグラになっていない限り、何歳でも治療は可能です。ただし、悪い噛み合わせを何十年も放置していた結果、治療が出来ない場合もありますので、できるだけ早く治療を開始することをお勧めいたします。

初診予約へ

矯正治療前に虫歯は全て治さないといけないのでしょうか?

原則として、矯正装置をつける前には虫歯治療を完了しておく必要があります。

ただし、矯正治療をお考えの方は虫歯治療の前に矯正検査を受ける事をお勧めします。特に永久歯列期の矯正治療では抜歯しての矯正治療となることも少なくありません。その際、できるだけ悪い歯を抜くこともできるかもしれませんし、抜くべき歯が虫歯だった場合その虫歯を治療する意味がなくなってしまうからです。

初診予約へ

表側矯正と裏側矯正の違いは何ですか?

歯を動かすためのブラケットいう装置を、歯の表側につけるか裏側につけるかの違いです。

治療中の見た目をどの程度求めるかによって、表か裏かをお選びいただけます。どちらを使っても、仕上がりに大きな違いはありませんが、裏側矯正の場合は症例によって治療期間がやや長引いたり、付加的な装置が必要になることが多い傾向があります。費用面では、裏側矯正の方が3〜6割ほど高額になります。

以前は表側矯正に使うブラケット素材が金属だったので、歯が見えた時にはギラッと装置が目立ちました。そのため、矯正治療中の審美性を求められる方は裏側に装置をつけるしかありませんでした。

しかし、ブラケットの開発は日々進化しており、現在では歯の色にそっくりで、変色もしないセラミックブラケットが主流となりました。さらに、ブラケット同士をつなぐワイヤーも、シルバーではなく、白くコーティングされたホワイトワイヤーが登場したことで、さらに見た目に優れた表側矯正が可能になっています。しかし、やはり表側に装置がつくことにどうしても抵抗がある場合は裏側矯正が有効です。

以前の裏側矯正装置は、しゃべりにくい、舌が痛い、食べ物が詰まる、歯みがきがしにくいなどの問題がありましたが、現在は装置の進化に伴い、いくぶん改善されてきました。ただし表側矯正装置でもこういった問題が皆無というわけではありませんので、見た目と費用のご希望に合わせて表か裏かを選択していただければと思います。

初診予約へ

いま虫歯があります。一緒に虫歯の治療はできますか?

虫歯治療については、一般歯科医院をご紹介しています。

当院は矯正専門の歯科医院であるため、虫歯治療は行っておりません。患者さんのかかりつけの歯科医院あるいは、当院が信頼できる歯科医院をご紹介して先に治療していただきます。これは抜歯に関しても同様です。

当院では一般の歯科医師が常勤しており、技術的に虫歯治療は可能です。しかし、一般的な歯科治療を扱いますと、患者さんの数的にどうしても一般治療の患者さんが多くなってしまいます。そうしますと、矯正治療のために来院されている患者さんに使える時間が少なくなってしまうのです。
また、当院は矯正歯科専門医院として、矯正治療のために最適な医院設計がなされています。

よって、矯正歯科に特化することで、矯正治療を受ける患者さんにとってのメリットが大きくなると考えています。

結局のところ、治療内容によってその道のプロにお願いすることが、患者さんにとって最善の治療法だと思います。
内科の専門医が心臓外科手術を行わないことと同じだとイメージしていただければわかりやすいかと思います。

初診予約へ


2009年4月17日 « トップへ » 2010年5月28日


コールバック予約
矯正の料金