トップへ » 院長あいさつ » 子供の矯正は治療すべきでない時期もあります。

子供の矯正は治療すべきでない時期もあります。

子供の矯正は治療すべきでない時期もあります。まず、小児矯正治療ですが、成長期の矯正治療は最適な時期が1人1人(症例ごと)によって異なります。
つまり、例えば貴方のお子さんの同級生達が矯正治療をスタートしたからといって、貴方のお子さんにとって矯正治療をスタートすべきタイミングであるとは限りません。

私は、治療すべき時期ではないお子さまのケースでご来院された方には、なぜ今はお子さまにとって治療をスタートすべき時期ではないか、ということと、想定される、治療スタートすべき時期を親御さんに深くご説明してお帰り頂いています。


トップへ » 院長あいさつ » 子供の矯正は治療すべきでない時期もあります。


コールバック予約
矯正の料金