トップへ » 安心できる矯正医の選び方 » 見えない矯正(舌側矯正/裏側矯正) » 【舌側矯正/裏側矯正】歯の裏側に装着する矯正装置

【舌側矯正/裏側矯正】歯の裏側に装着する矯正装置

舌側矯正/裏側矯正裏側矯正治療とは、舌側矯正(リンガル矯正)とも呼ばれ"矯正器具を歯の裏側につける"治療方法のことです。歯の裏側に装置をつけるため、他人に気付かれることなく矯正治療を行うことができます。「ギラギラした装置がいや」「職業柄、矯正治療ができない」といった方などにお勧めの矯正治療です。

ただし、ドクターにとって裏側矯正は表側矯正に比べて技術的な難易度が高く、シッカリとした技術を持った矯正専門の歯科医院を選ぶ必要があります。ちなみに当院では、スタンダード・エッジワイズ法を応用した裏側矯正が可能であるため、表側の矯正と遜色のない高い治療効果を上げています。

舌側矯正/裏側矯正はこんな方にオススメ
「仕事柄、矯正装置が見えては困る」という方
接客業や営業職など、人と接する仕事に就いている方や、モデル・アナウンサーなど人前に出る仕事に就いている方にお勧めです。

「装置が目立つので矯正治療をあきらめている」という方
装置が目立つのがイヤで治療をあきらめている方はいませんか?裏側矯正なら、人に装置を気付かれることはほとんどありません。なかには「家族にさえも気付かれなかった」という方もいるほどです。

「前歯が特に気になっている」という方
出っ歯の方は、歯の表側に装置をつけると装置の厚み分唇がさらに出て、出っ歯を強調してしまう場合があります。また、表側の装置にひっかかり、唇が閉じにくくなってしまうことがあります。しかし、裏側矯正ではそのような心配はありません。

結婚式などのイベントを控えている方
結婚式、成人式、卒業式など人生の大きなイベントを控えていらっしゃる方にお勧めです。裏側矯正であれば、装置をつけていても他の人に気付かれる心配はありません。

舌側矯正/裏側矯正の特徴
他人の視線を気にすることなく矯正治療ができる
裏側矯正では、矯正装置が外側から見えないため、他人に気付かれることなく治療することができます。矯正装置をつけていることを他人に知られたくない方や、職業柄表側矯正ができない方に最適です。

矯正治療中の虫歯リスクが低減する可能性がある
裏側矯正では、矯正装置が唾液にさらされやすい舌側に位置するため、その自浄作用によって虫歯リスクが低減する可能性があります。

サ行・タ行の発音が難しくなる
サ行、タ行の発音時は舌の先端が歯の裏側の装置に触れますので、装置に慣れるまでは発音が難しくなる傾向があります。ただし、装置に慣れていただければ、うまく発音できるようになります。

歯の裏側が磨きづらくなる
歯の表側に比べて当然裏側は歯磨きしにくくなります。しかし、メリットにもあるように表側に比べて唾液による自浄作用は強い傾向があります。歯磨きについては、こまめに口腔衛生指導を受けられますよう勧めています。

表側矯正と比べて治療期間が長くなる傾向がある
症例によって異なりますが、表側矯正と同等の仕上がりのレベルを維持するためには、その治療期間は一般的な表側矯正と比べてやや長くなる傾向があります。

表側矯正と比べて装置が高価である
裏側矯正の治療費は、装置が高価であること、調節が複雑であること、などの理由から表側矯正の治療費と比べて割高となります。


トップへ » 安心できる矯正医の選び方 » 見えない矯正(舌側矯正/裏側矯正) » 【舌側矯正/裏側矯正】歯の裏側に装着する矯正装置


コールバック予約
矯正の料金