トップへ » 安心できる矯正医の選び方 » 子どもの矯正ガイド

子どもの矯正ガイド

子どもの矯正ガイド

うちの子はどうやら、受け口みたい......」「上の前歯が出ているので、口を閉じられず、いつも前歯が見えている」――お子さんの歯並びについてお悩みのご家族の方はいませんか?悪い噛み合わせをそのままにしておくと、実は将来にたくさんのリスクを抱え込むことになります。お子さんの未来のために。治療の効果の高い子ども時代に、矯正歯科治療を受けることをお勧めしています。

このページでは、子どもの矯正治療のよくある質問についてご解答します。

子どもの矯正はいつごろから始めればよいですか?
子どものうちから治療を始めるメリットを教えてください
子どもの治療の流れを教えてください
幼児期から矯正すれば歯を抜かないですみますか?

子どもの矯正はいつごろから始めればよいですか?

子どもの矯正はいつごろから始めればよいですか?3歳前後で完成した乳歯列は、平均6〜12歳の間に永久歯列にはえ代わります。この時期は骨格がダイナミックに変化する期間でもありますので、この時期に矯正歯科専門医院に相談することをお勧めします。

ただし、治療開始時期については矯正医でないと判断がつかないことが多く、一般の歯医者さんではその判定は非常に困難といえます。したがって、矯正相談を受けるのは早い方がいいと言えるでしょう。

「どうなるか分からないけどやるだけやってみましょう」と言われて、何年もだらだらと治療を続けている、といったことにならないように、なにか気になるところがありましたら、まずは矯正医にご相談ください。

お金だけの問題ではありません。矯正装置を入れられているお子さんのストレスは相当なものなのです。

子どものうちから治療を始めるメリットを教えてください

子どものうちから治療を始めるメリットを教えてください成人矯正と比べ、子どもの矯正は顎骨の成長をうまく利用して行えることから、歯が動きやすいだけでなく、より大きなかつ効率的な治療効果が得られます。

また、小児は成人に比べて環境適応能力が高いので、治療中の不快感が少ない、術後の後戻りの度合いが小さくなる傾向がある、という利点があります。

さらに、社会人のように限られた時間と限られた環境の中で通院する必要がない点もメリットといえます。
 

子どもの治療の流れを教えてください

子どもの治療の流れを教えてください当院では、より短い装置装着期間でより効果的な治療効果を得るために、治療の開始時期をできるだけ明確にふたつのステップに分けています。

Ⅰ期治療
12、3歳で永久歯がはえ揃うまでの時期の治療(乳歯と永久歯が混ざっている時期)をさし、だいたい6〜8歳くらいの上の前歯2〜4本がはえた時期が主となります。
I期治療をおこなう必要があるのは、
(1)I期治療をおこなう事でII期治療が不要になる。
(2)I期治療をおこなう事でII期治療期間の大幅な短縮が望める。
(3)放っておくと歯や歯周組織の損傷、さらには発音機能を含む顎口腔系の成長・発育に悪影響を及ぼす可能性がある。
といった場合が主に考えられます。

Ⅱ期治療
12、3歳〜の永久歯がはえ揃ったこの時期は、成長・発育を利用して仕上げの治療を行います。ここでは成長・発育によるダイナミックな変化を最大限利用しますので、適切な時期を逃してしまうと永久歯の抜歯本数が増えたり、理想的な結果が得られなくなってしまう可能性があります。したがって、まずは早めの相談をお勧めします。

幼児期から矯正すれば歯を抜かないですみますか?

幼児期から矯正すれば歯を抜かないですみますか?治療開始時期が早いからといって、歯を抜かずにすむということはほとんどありません。「子どものうちからあごの骨を拡大して‥‥」といったフレーズを耳にした方もいらっしゃると思いますが、幼少期といえども矯正治療によってあごの骨が大きくならないことは教科書にも明記されているほどの事実なのです。

よって矯正医からみれば、7歳前後で下の前歯4本がはえた時点でその子が将来抜歯しての矯正治療が必要かどうか、多くの症例で判定可能なのです。

矯正治療は、16歳~20歳位までの旺盛な成長発育による変化を予測して、つまり大人になったらどうなっているのかを予測し、できることとできないことをはっきりさせる必要があります。そうすることで、最も効果的な時期に最も効果的な方法で問題を除去することが可能となるのです。

3歳~10歳まで数種類の取り外し式装置による矯正治療を受けたが、12歳で抜歯しての本格矯正を勧められた、といった患者さんが来院されることもあります。しかし、結局抜歯して本格的な矯正治療が必要となるなら、何年もつらい思いをして受けた矯正治療はなんだったのでしょうか。

こういった無駄な出費と苦痛をさせないことは、矯正医の責務であると考えています。

小児期の矯正歯科治療では、成人した時の状態を予測した上で治療することが重要です。ヒトの顎顔面はだいたい16歳~20歳くらいまで成長・発育します。なのに、成長による変化を予測しないで治療を行うと、14歳できれいに治った歯並びが成人式の時にはがたがたになっていた、といったように良好な結果が得られない可能性が増大するのです。

「どうなるか分からないけどやってみよう」「コレをやってだめだったからアレをやってみよう」、といったのらりくらりとした治療では、お子さんのストレスはもちろんのこと周りのご家族にまで不快感が及ぶのです。

当院では、成人までの成長・発育を予測した上で、最も適した時期に最も効果的な治療法をピンポイントで用いることで、最短の装置装着期間で最良の治療効果を発揮できるよう務めております。

関連ページリンク

安心できる矯正医の選び方
院長の技術力痛みの少ない治療見えない矯正期間について
プチ矯正・部分矯正滅菌対策あなたはどのタイプ?治療例
大人の矯正ガイド子どもの矯正ガイド
料金表よくあるご質問医療費控除について

院長あいさつ
院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

矯正歯科無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら
無料カウンセリング

このページのトップへ


トップへ » 安心できる矯正医の選び方 » 子どもの矯正ガイド


コールバック予約
矯正の料金